読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜間大学生山県有朋の気楽な日記

WSやMTGといったTCGについてだったり大学生活やバイト(辞めた)についてテキトーに書いていきます

日記197

日記 就活

 今週は合同説明会ラッシュで困る。個別説明会兼選考っていうのも見てたらやっぱり多いね。一次選考ぐらい気楽に受けてみようかなーってスケジュール帳埋めていったらだいぶ窮屈になってきた。大学始まるとしんどいだろうなー。

 そういえばガンダムバルバトスルプスのHG買った。ルプスレクスもかっこいいけど動かして遊べなさそうだなーってことでルプス。グレイズとかジャハナムみたいな、モブMSをボコボコにしてるようなディスプレイ作りたい。

日記196

日記

 昨日は10時間半労働してきた。結婚式2つ出るって正気じゃないと思う。司会の人とかスタッフとかよくやるわ。

 今日は朝からラブホでバイトして、夜は猫ハウスへ。掃除してるからだいぶマシにはなってきたけどまだマスクがないと鼻水だらだら出る。猫砂もこまめに入れ替えと消臭スプレーでなんとかなってきた。

 そして最近触れてなかったけど実家に帰っていたアスペ君が帰ってきたらしい。

それで彼の面倒を見てた人たちと集まって話をしてたらしいけどやっぱ悪化してるようだ。期末試験の頃はネガティブが極まったような感じだったのに今日はスーパーポジティブ人間になってたとか。また大学が始まって期末試験の頃にはネガティブになってそう。

 いつかも書いたかもしれないけどぶっちゃけ俺は彼のことが大っ嫌い。ただ最近は、彼に対する周囲もちょっとおかしいなーと思うこともある。アスペ君に対して「やつは恵まれた環境にいることを自覚していない」という実質4浪のお兄さんとかね。

恵まれてないのは本人の能力ぐらいの恵まれてるようなやつがそれを言うのかと。

しかもこいつめちゃくちゃ日和る。アスペに会う前はガツンと言ってやるだの大層勇ましい態度でいらっしゃるのに、会った後はやっぱりあいつは憎めない、とかそこまで悪いやつじゃない、とか態度が変わりすぎる。しかも無責任かつ優柔不断、こんな25歳にはなりたくねぇ。

 実質4浪お兄さんの悪口書こうと思ったらタイピングが止まらなくなってくるのでここらで自制。

日記195

日記

 とりあえず猫ハウスをお掃除。掃除道具はあったから社会人の方が一応定期的には掃除してたのかな。机の上や棚にはホコリが溜まってたのでそこら辺をお掃除、そしてカーペットも雑巾がけした。臭いのは猫砂だな・・・あれをなんとか消臭したい。

おしっことうんちを取り除くだけにしてるけどもうちょい砂を入れ替えることも意識した方がいいのかな。

日記194

日記

 大学でお世話になってる人からキャットシッターを頼まれた。今日早速行ってきたんだけど、俺猫アレルギーかもしれない・・・家主が亡くなって、猫だけが残ってる状態だから部屋が埃っぽいのもあると思う。

 ちょっと今猫アレルギーについて調べてみたら、部屋の埃とか猫のフケが原因だったりするらしい。そして掃除をすればマシになるとも。とりあえず明日、明後日は大掃除かな。掃除機がないのと猫がいるから洗剤とか使えないのが痛いけど、雑巾がけするだけでだいぶましになるだろう。

日記193

日記

 返却期限が今日ということでようやくオーシャンズ13を観た。面白かった順番は、13>11>12かな。作戦の動機も仕掛けもシリーズの最後を飾るにふさわしいもので、かつテンポも良かったのが最高。主人公(オーシャン)がバンク、一応仲間という位置づけだけど胡散臭いベネディクトの上を行く大胆な行動はめちゃくちゃかっこいい。

 現実にはあり得ないにしろ、天災でも起きなければシステムを停めることは不可能だ→じゃあ天災起こしちゃえを実行しちゃうのを納得させる説得力とかお見事だ。イカサマダイスを作るために潜入した工場でストライキを起こしちゃうコミカルなシーンも笑えてよかった。

 シリーズを通しては、未熟者として扱われてたライナスが結構成長してるように思った。最後に空港の待合席を離れるときに、ひよっこからも卒業したってことなのだろう。See you when I see you.はまた会えたら会おうぜって意味なのかな?その台詞もお気に入り。シリーズ通してまた見返したいし、なんならBD買ってもいいかも。

 

 そして今デレマス23話見終わった。あの有名な笑顔なんて・・・笑うなんて誰にでも出来るもん!を見たときは不謹慎ながら笑ってしまった。アニメの中じゃ凛、未央がそれぞれの道を行くのに焦ったり、アイデンティティに不安を覚えて限界が来た結果の台詞で大変深刻な問題なんだけど、メタ的に見たら何言ってんだこいつとしかいいようがない。この子で何もなかったら一般人なんて大幅なマイナスを抱えてることになる。

日記192

日記

 今日は夜まで暇な1日だった。夜からは春から別の大学へ編入する裏切り者のぷち送別会的なものに参加した。流石に先週は記憶がおぼろげになるぐらい酔っ払ってたので、今回は前回の反省を活かしてお酒は控えめにたくさん食べた。

 酒に酔わなかったのはメンバーのおかげもあるかな?先週は正直同僚というだけで仲が良いとまでは言えない人たちと座ってたからどうしても目の前のグラスに集中しがちだった。

 二次会は社会人の方の行きつけのショット・バーへ。こういうところへの憧れはあったけど、実際に行くのは初めてで中々貴重な経験をしたと思う。

オールドクロウとスコッチの何かを飲んだけど前者は後者に比べてちょっと薬っぽいような味だった気がする。相当曖昧・・・

 1人で行くには少々気後れするけどまた行きたい、そしてバーが似合うような男になりたいものだ。もう1回ぐらいは連れて行ってもらう感じで、3回目からは単独入店を目指す。

 最後にバーで遅くまで飲んでると、ヘミングウェイの短編を思い出した。

遅くまで粘るお爺さんを早く帰らせたい若いバーテンダーと居座らせたい年上のバーテンダー。若いほうは眠たいからお爺さんを帰らせて、年上の方は別の店で一杯やって帰って、あの爺さんのような、自分のような、明かりが必要な眠れない人間はいっぱいいると考えながらベッドに入って朝日を待つ、そんな話だったと思う。

タイトル分かる人がいたら教えて。

結婚式場バイトの話28

バイト

 今日のバイトは何かおかしかった。クローク係してるときは良かったんだけど、バックでシャンパンの用意をしているときには1本落としてしまい、その後のビールを用意するときにも1本倒した。その他にもやたら破損とかこぼしたってことが周りで多かったように思う。アミューズの器を落とした、スープの器を落とした、スープ皿を落とした、新郎新婦がグラスを落とした、などなど。

 多分今日の俺は呪われてたんだと思う。もしくは最近就活絡みでキリッとしてた反動が来たのかな。ボケボケだったけど、自分の担当した卓の人がやたらノリが良くて可愛がってもらったというかなんというか・・・反応は凄い良かったのが救い。

ゲストと写真撮りまくったのは初めてで恥ずかしかった。

 流石に来週はもうちょっとしっかり仕事ができるように頑張ろう。